たるみの種類と原因を知る

真皮層のコラーゲンやエラスチンの劣化や減少で起こるたるみ

皮膚内の真皮層のコラーゲンやエラスチンは常に作られています。コラーゲンやエラスチンが多くあれば、肌にハリを保つことができるのです。しかし、コラーゲンやエラスチンは加齢と共に劣化や減少が起きてしまい皮膚がたるんでしまいます。さらに、肌の弾力がなくなってしまうと毛穴も開いてしまうので、注意しておきましょう。

脂肪層と皮膚や骨をつなぐ線維組織のズレで起きるたるみ

脂肪が増えてしまうと、脂肪層が重力でズレてしまいます。そうなると、真皮層や骨から脂肪層が塊になってズレ落ちることでたるみができてしまうのです。また、脂肪層のズレはシワができる可能性を高めてしまうでしょう。

脂肪を包み込むネットが脂肪の重さで伸びたたるみ

脂肪層には、脂肪の重みを支えるネットが存在します。このネットが脂肪の重みに耐え切ることができずに、ネットが伸びてしまい顔にたるみやシワが発生してしまうのです。

皮膚に水分が溜まりむくんでしまったたるみ

真皮層や骨と脂肪層をつなぐ線維組織の間には、水分が溜まりやすくなっています。ここに水分が溜まってしまうと、脂肪が膨張してむくんでしまうのです。むくみが起きることで重力の方向に脂肪が下がり、たるみの原因になってしまいます。

【PR】
千葉でフォトフェイシャル施術を受けよう
透き通った肌を取り戻そう

たるみの原因を知っておきましょう

紫外線で肌の弾力が失われる

紫外線は真皮層にまで届いてしまいます。そして、真皮層にまで届いてしまうとコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えてしまうのです。一度ダメージを受けたコラーゲンやエラスチンは修復が難しくなります。この修復を手助ける為に、注射をして肌細胞を活性化させる必要があるでしょう。

バランスの悪い食事や睡眠不足は肌に悪い

肌のたるみを抑えるには、様々な栄養素が必要になります。バランスの悪い食事をしていると栄養素が肌にまで行き届きません。また、睡眠不足もたるみを進めてしまうのです。肌細胞は、寝ている間に生成されるのでしっかり睡眠することが重要になります。

乾燥は肌に大きな負担を与える

肌が乾燥してしまうと、角質層の水分がなくなり乾燥肌になってしまいます。乾燥肌になってしまうと肌に大きな負担を与えてしまい、たるみになってしまうのです。肌に十分な潤いを与える為に、クリニックで即効性のあるたるみ治療をしてみてはいかがでしょうか。

加齢によるたるみ

加齢によって皮膚に脂肪が付きやすくなってしまいます。脂肪が付いてしまうと、重力に逆らえずたるみが起きてしまうのです。肌が重力に耐えられるようにするには、ヒアルロン酸注射をすることが効果的となるでしょう。

表情筋や深層筋の衰えによるたるみ

顔には、表情筋と深層筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉が衰えてしまうと脂肪や皮膚を支えることができなくなり、たるみの発生を招いてしまうのです。